2005年10月17日

物事が最後に来て勢いの盛んになること。また、最後。

勝ち将棋、鬼の如し。木村の側にだけ次々と好手が出る展開になっている。三浦の顔に精気が無い。...相横歩取りに持ち込んだこと自体を悔やんだのかも知れない。本譜の進行では複雑な局面でも独特の勝負勘を発揮する三浦の才能が生かせない。
木村の次の一手が本局の( )を( )一手となった。

読売新聞 竜王戦挑戦者決定三番勝負第1局 第7譜




1.ふる。ふるう。うごかす。ふり上げる
2.ふるえる。ゆれる。うごく。
3.ただす(正)。

[形声]
手 + 卓
音符の卓は、高くおどりあがるの意味。手を高くふりあげるの意味を表す。


掉舌(ちょうぜつ)
舌をふるう。さかんにしゃべること


掉頭(ちょうとう)
頭をふる。否定する動作のさま

Posted by kone at 2005年10月17日 20:21 | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?