2005年05月21日

父の事

rosekeiさんのウェブログ「薔薇・ばら・バラ」の中のエントリー「父の事」
彼女のご尊父は、心臓カテーテル検査にいったきり、帰らぬ人となってしまったとのこと。
http://ch.kitaguni.tv/u/9521/0000218273.html
軽い検査くらいのつもりだったのに、ということ。

非常に考えさせられました...。ただ、彼女が後悔すべきではないとも思います...。



rosekeiさんのエントリーをご紹介いただいたのは、はなゆーさんから。
http://ch.kitaguni.tv/u/7455/%a4%de%a4%b8%a4%e1%a4%ca%a5%a8%a5%f3%a5%c8%a5%ea%a1%bc%a4%ce%b4%d1%c2%ac%bd%ea/0000219341.html

彼のウェブログには、いつも興味深いエントリーが並びます。


Live well. It is the greatest revenge.

Posted by kone at 2005年05月21日 14:03 | トラックバック
コメント

今、読みました。。。。
いろいろな思いが込み上げてます。

Posted by: もこ at 2005年06月01日 02:54

切迫した状態で連続して大きな決断をしなくてはならない患者の家族の精神的負担はとても大きいと思います。
普段から、「こういうことが起こったらこうしよう」といったことはある程度シミュレーションしておいたほうがいいのかも知れませんね。

日本人の平均寿命は延びていますが、それ以上に平均余命も伸びています。
安全は当然のものであり、自分や周りの人間はこの先もずっと生き続けるだろう、といった感覚を持ってしまいがちです。
でも、自分や他人が何かのはずみであっさり死んでしまうことへの準備のようなものがなおざりになっているというのもあると思います。

人間は ... まるで時間が無限にあるかのように振舞う。 (セネカ)
http://www.konesite.com/weblog/archives/2005/05/post_85.html

Posted by: こね at 2005年06月11日 11:01
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?