2005年05月15日

主なスパイスの分類と効能

辛味:
胡椒-食欲増進、抗菌作用
唐辛子-食欲増進、発汗作用
ショウガ-消化促進、血行・発汗促進

香り:
コリアンダー-食欲増進、抗菌作用
クローブ-食欲増進、体を温める
シナモン-消化促進、発汗促進
ナツメグ-消化促進、下痢止め
ローリエ-消化促進、鎮痛・鎮静作用

色:
ウコン-肝機能強化、抗酸化作用
パプリカ-体を温める
サフラン-鎮痛・鎮静作用

日経新聞 2005/05/01 健康面


健康TIPSの類は見かけてもなかなか自分の知識として定着しないので、ウェブログのエントリーとすることにした。

Posted by kone at 2005年05月15日 17:56 | トラックバック
コメント

東西を問わず、香辛料・香草はすべて薬効があるようですね。

Posted by: kuronekokotoshan at 2005年05月15日 23:18

どうもです。なにしろ刺激物すからね...。
ところで、中国のやせ薬、ついに死んじゃった人がいるらしいすね。

Posted by: こね at 2005年05月28日 05:23
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?