読書の最近のブログ記事

前回のエントリーの続きです。
http://www.konesite.com/update/2008/08/amazon.html


- - -

3年前に書いた僕の著書「英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法」ですが、その後もAmazonランキングが上昇していまして、現在、総合31位にまでなっています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756908624/konesweb0f-22


いちばん大きなカテゴリのひとつである「語学・辞事典・年鑑」部門では、なんと、1位!やったー!
http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/466302/ref=pd_zg_hrsr_b_1_2


3年ぶりにビッグカテゴリーでランキング1位復帰という、かなり異例な事態になっています☆

間違いなくカムバック賞ものと思います。


すごくうれしいです。

- - -

昨日のお昼頃、総合ランキング60位くらいのころに版元さんに連絡したときもかなりお喜びだったのですが、明日は、担当編集者さんに、もっとよいニュースをお伝えできそうです。


原因は、効率化系のブログで有名な大橋悦夫さんと先日会食した際に献本した本が大橋さんにウケたことと、会食でお話した内容が大橋さんのブログ「シゴタノ!」に一昨日昨日と相次いで載ったことです。
http://cyblog.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=752
http://cyblog.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=753


- - -


ところで、このAmazonの総合ランキング。
今は31位ですが、もう少しあがって25位までいくと、なんと、総合ランキング紹介のトップページに躍り出ます。
このページです。
http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/ref=pd_dp_ts_b_1


どこまであがれるかはまだ見えていませんが、一過性の消費なので、長くは続かないでしょう。おそらく、これから24時間くらいが最後のヤマと思われます。


こんな普通に考えたら終わっちゃったはずの本を、総合ランキングトップページまであげられちゃったら、かなりすごいっすよね。

でも、もうちょっと売れちゃったら、冗談抜きでそうなっちゃいます!


ということで、もうあとひとおしのところ、こねこねあっぷでーとをご覧のみなさんにもご参加いただけないかと思い、いまさらながら、Amazonキャンペーンをやることにしました!!


8月21日(木)中に右のリンク http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756908624/konesweb0f-22 から「英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法(定価1,470円)」をお買い上げ&ご連絡いただいた方には、特製『エクセルマクロの怪人グッズ』と、
・Excel操作効率化セミナー http://www.exvba.com/sousa.php 3000円引き
・Excelマクロ初中級速習コース http://www.exvba.com/sokushu.php 6000円引き
のどちらかの年内のセミナーに使えるクーポンを進呈します。

本の内容はおもしろいので、ご協力いただける方、ぜひご購入いただけると幸いです!


- - -

ちなみにこの本、内容には絶対の自信があります。
口コミの評判はこんな感じです↓


「どうして、そうするといいのか?」
それをちゃんと理論づけて、やり方を具体的に示してくれてます。
「こうやるとなんかいいんだよなー」
そう思っていたことをきっちり言葉にしてくれてる感じです。
わたしね、あんまりこういう英語の勉強の仕方の本って買わないんですけど。だから、ほかの学習本と比べてどうこうってことは言えないんですが。これはかなり、かゆいところに手が届いてるんじゃないかなあ。すでに自分なりの学習方法ができてる人も、改善の参考になると思います。


本書はTOEIC900点を目指す人達に向けて書かれた本です。
しかし、語学以外にも応用できることが沢山あり、とても参考になります。
受験を控えている人やもう一度学び直したいという方には特にお勧めの本です。


「英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法」を読み、気合が入りました。
この本、とてもよかったです。英語に限らず、他の言語習得でも対応できるとおもいます。本の通りにすれば、半年でTOEIC900は誰でもとれるそうですよ。
短期で一つの勉強の成果を挙げるにはこうすればいいんだと言うことが大変わかりやすかった。また、今はネットやpcを使って大変効率よく単語カードを作ったり調べものができたり、いろんな情報満載でした。もう一度読み返したいです。


この本の一番の特徴は、小川さん独自の理論にかなりの紙面が割かれており、なぜこのような勉強が優れているのかについて納得させられてしまうことです。
さらに短期集中型、それも6ヶ月間は英語学習に捧げなさいというという事になっており、巻末には、現在TOEIC450の人でも900近くまでスコアアップできるというプログラムがまとまっています。
[中略]
これはもう買うしかないと言う英語学習法です。


英検1級・TOEIC935点の筆者の英語学習体験に基づく学習方法が満載。
理論立てて学習するのが非常に上手な方で、英検1級も理論的解析をしてクリアーした経歴を持つ。
ハウツー本ですがかなりオススメです。


英語ハウツー本に目がない私。いつも衝動的に買って当たり外れもよくあるのですが・・・
「英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法」小川慶一著 明日香出版社
先日購入した、この本はとてもよかったです!!!


正直、この本に一番物申したい。俺はこの本を参考にするという大きな間違いを犯した。なぜなら、俺は東大生では無いからだ!!
(中略)..と揚げ足ばかり取ったが、実際は面白いのでかなり読み込んだ。モチベーションの維持や、時間の使い方などは参考になった。


記憶力に不安があるなら、この本を読んでやってみて下さい。わたしも最近入手して目からウロコでした。


英語力を磨きたい方には、
「英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法」小川慶一著
がお薦めです。
私の経験に照らし合わせても、非常に英語学習の本質をついていると思います。
また、この本は、一見そうは見えませんが、非常に強力なTOEIC対策の本です。


学習法については、はじめに方法論をある程度仕入れておくと勉強の無駄が省け、効率が上がると思います。
この本は、TOEIC中心に書いているのですが、英語全般に活用できます。
下手な学習本や記憶本よりも優れています。
特に、記憶法についての箇所は学問的にも裏付けのあるものなので、TOEICいや、英語に限らず全ての勉強に役立つはずです。
TOEICを受けない受験生にもおすすめできます。
この著者は、学習の感覚という表現しにくい事を言葉で説明したり、定量的に図示する能力に長けています。
プラトー現象ならよく本に引用されていますが、この本に出てくる「くり返しのスパイラル」という図は実際の感覚とも良く合っていて秀逸です。

 


もっと書評を読みたい!という方はこちら↓へ
http://www.konesite.com/eval/notice.html


- - - - - - - - - - - - - - -

もういいや、とりあえず買う!という方は、今すぐこちら↓から!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756908624/


キャンペーンへのご参加、お待ちしています!


それにしても、一度圏外に去ってからの3年ぶりの返り咲き一位とは、僕の人生のような本だな(w

今日はネタが多すぎてどれから書いて良いのか分からないぞ。

とりあえず、今いちばん旬な話題から。

ハック系アルファブロガー大橋悦夫さんにお誘いいただいて、先週会食しまして。

その際献本した、僕の3年前の著書「英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法」。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756908624/konesweb0f-22

この本、語学学習の本というより、学習法全般に感じていることを、英語学習に当てはめて書いた本です。

大橋さんにさっそくお読みいただきまして。

> いやー、この本すごいですね!
> 小川さん、10年愛に通う必要ないですよ。
> でも、それでも通って残り20%を埋めにかかるのが小川流なんでしょうね。

というご感想をいただきました。かなりウケていただいたよう。

で、19日の大橋さんのブログ「シゴタノ!」で、ガッツリとしたレビューを掲載いただきました。
http://cyblog.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=752


- - -

レビューの一部を抜き出すと、こんな感じ↓。

> 特に秀逸なのは、2章の「時間の使い方」。
> これは英語の勉強以外にも活かすことができる、スポーツでいえば筋トレのような基礎体力ならぬ基礎知力を高める理論と実践といえます。
> 勉強本を1冊読むよりも、まず本書を先に読んでおくことをおすすめします。勉強の基本と英語の両方が同時に学べるからです。

さすが、ハック系の大御所、大橋さん。着眼点とまとめかたがなんとも秀逸。


それで、大橋さんのところでのご紹介の反応はと言いますと。

なんと、翌日27時半現在、しばらく圏外だったAmazonランキングで、全体で60位、部門別ランキング語学書ランキングで3位まで復帰。
http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/492404/ref=pd_zg_hrsr_b_1_3

「英語 > よみもの」のランキングは1位。

すげー。うれしー☆


6000番台を推移するようになったところで僕の中ですっかり過去の作品になっちゃってたし最近ランキングなんてぜんぜん見てなかったけど、総合順位2桁になったの、ひさしぶりに見ました。

読んでくれる人が増えるというのは手放しにうれしいです。

ちなみに、この本の過去のレビューはここに集めています。
http://www.konesite.com/eval/notice.html

こうして再発掘していただけるというのは本当にうれしいものです。
内容的には自信はあるだけに、たくさんの人に読んで貰いたいものです。

「これまで、タイムマシンに乗って未来からやってきた人はいなかった。だから、将来タイムマシンが完成して我々が自由に時間の間を行き来することはできないはずだ」
スティーブン・ホーキングがそう言うのを聞いて、「そりゃ、おかしいでしょ。地球の上で考えてるからそんな発想なんだ」と思った人がいる。

彼の主張はこうだ。
地球は、太陽の周りをものすごい速さで公転している。太陽は、銀河系の中をもっとすごい速さで公転している。銀河系も、アンドロメダ星雲の方にものすごい速さで移動している。宇宙自体も動いている。そんな中、ほんの1ヶ月くらい前の今の場所に戻ろうとしただけでも宇宙のまっただ中じゃないか。
彼の計算によると、1ヶ月前に戻れば地球から10億500万4800km、1年前に戻れば121億6000km地球から離れたところに来てしまうらしい。
だから、未来にタイムマシンができたって、今この時点の地球にやってくるのはとても大変なことなんだ。

彼の発想はそこで終わらない。

それじゃ、もしもタイムマシンが完成したら?

宇宙に物質を運ぶには巨大なエネルギーが必要だ。実際、ロケットが使うリソースのほとんどは大気圏からの脱出に費やされている。

でも、もしもタイムマシンが発明できたら、ほんの1秒未来か過去に行くだけでも何千キロも離れた宇宙に突然出現することになる。それって、あっという間に宇宙に出ちゃうってことじゃないか。

そんな研究が、NASAなども取り組む宇宙エレベーター建設の研究にも活かされたりする。

- - -

アニリール・セルカンは、1973年ドイツ生まれのトルコ人。

イリノイ工科大学建築学科卒業、プリンストン大学元講師(数学)、ケンブリッジ大学物理学部特別科学賞受賞。東京大学大学院博士課程卒業。

これだけだと普通の(?)一流科学者風だが、ぜんぜんそんな人ではない。

スキーで国代表になったこともあるトルコ人初のNASA宇宙飛行士で、8カ国語を話し、3つの古代言語も用いることができる、要するに多才な人なのだ。
(ちなみに、氏のブログはなんと日本語!! http://blog.anilir.net/

小学校の頃、ドイツの科学コンテストで入賞し、それがきっかけでスイスの寄宿学校に行くことになる。
結局寄宿学校はボヤ騒ぎがあって中退することになってしまうのだが、今度はその当時の仲間たちだけで全長37kmの銅線を地元のサッカー場にまきつけた巨大コイルでタイムマシンを作ろうとし、地元メディアにも話題にされるなか実験を行ってみたりもする。

- - -

本書「宇宙エレベーター」は、そんなアニリール・セルカンの、気軽な科学エッセイというところ。

話の内容も、宇宙とは、次元とは、時間とは、原子とはといった現代科学が探求する問題を扱ったものから、彼の経歴であげたような少年時代の巨大な科学実験の思い出、古代の記録から考える現代科学への考察まで、非常に多岐にわたる。

池の鯉から見た世界ってどんななんだろう。サンタさんが一晩で子供にプレゼントを渡し切るには、どういった技術を活用すればよいのだろうか、そんなことについての想像なんかも交えながらされていく世界観には思わず引き込まれる。

古代史が好きだという方にとっても、シュメール人の石版やインドの聖典を自ら読み解きながら当時の人々の高度な知識や技術、そして過去の「最終兵器」について考察する下りは、古代語を自由に扱う現代の超一流科学者としての視点で書かれており、非常に読み応えがあるものと思う。

数式は出てこないが、図は多い。文字数も少なく、とても楽しく読める。
決して難しい科学書ではなく、さーっと読めば1時間もかからないような本なので、ぜひみなさんにお勧めしたい一冊だ。

宇宙エレベーター アニリール・セルカン
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479391398/konesweb0f-22/

アイデアのつくり方
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484881047/konesweb0f-22/

1800年代後半生の著者による、ほとんど小冊子としか言えないようなサイズ・分量の本。それに、竹内均の、本編とどっちが本編なんだかという分量の解説が入る。

広告人と物理科学者。二人の偉人による同じテーマについて書かれた小冊子が一冊にまとまった本といったところだ。
簡単に読めるので、誰にでもお勧めしたい。

内容は、いたって率直でシンプル。

著者のヤングの言う、すぐれたアイデアが生み出される過程は、須く以下のようになる。

1. 情報の収集
2. 集めた情報の咀嚼
3. 放っておく
4. ハッと思いつく
5. 忘れないうちに形にする

情報の収集は、執拗で幅広く、多いほどよい。情報咀嚼の過程では、多くの組み合わせについて検討するほどよい。

解説の竹内は、情報の収集にはどん欲であるべきで、大学教養課程のような一見自分に無関係に見えることでもまじめにやるべきだとする。また、情報の咀嚼は、「この情報とこの情報は無関係である」という棄却は行わず、KJ法などの手法を用いてでも(そうすることで、いわゆる「発想の天才」に近い成果を出すことが容易になるという)徹底して行うべきだとする。

竹内は、この徹底の成果として、「大陸」は「移動する」というウェゲナーのアイデア、「元素」には「周期性」があるというメンデレーフのアイデアを紹介している。

また、広告業者と物理科学者というまったく対比的な職業に従事するヤングと自分とは、アイデアの作り方について「ぴったりと一致していた」という。
その点も興味深い。

禅の思想で、「無常説法」というものがある。
森羅万象、山川草木が自分に仏法を説いていると感じることができるか。無心になり、それを受け入れることができるか。

ニュートンは深い問いかけをもってリンゴが木から落ちるのを見て万有引力を発見した。ダーウィンは、深い問いかけをもって生物を観察し、進化論の基礎を見いだした。

広告アイデアの発見も科学法則の発見もこの世の真理に対するもうひとつの発見にしかすぎないとするならば、観自在菩薩とはいかないまでも、何事にも心を閉ざさず森羅万象を観察する姿勢こそが「諦らむ(明らむ)」道なのだろう。
あらためて、そんなことを思った。

「僕は、小学校四年から米長先生の内弟子に入りましたけど、内弟子の経験が将棋を強くするなんて思いません。だって、昔の人だって、内弟子やって八段名人になった人はごく一部で、あとは下のほうにいたわけですから。昔は内弟子という方法しか将棋を学べなかっただけですよ。将棋の世界は、強い者をまわりがいっそう強くするようなところがあるんです。僕がウチで私生活で学んだのは、自分のことは自分でやるしかない、そのことです」

出典は、「人生一手の違い」(米長邦雄著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396310552/konesweb0f-22/

プロ棋士先崎学先生の某雑誌でのインタビューとのこと。

環境は大事ですね。

それから、以下の米長先生の言葉も印象に残った。

「私は、子供の棋士としての将来を予測する際、三つの尺度を使う。神様ではないから100パーセント当たるというわけではないが、九割以上の確率だろうと自負している。...第一の尺度は、当然、才能である。...尺度の二つ目は、本人の姿勢だ。簡単に言えば、将棋が好きかどうかである。...つまり才能はあるのだが、あまり将棋が好きでないという子が、ときとしている。こういうタイプは、必ず伸びが止まる。これは、研究会を開くと分かる。...尺度の三つ目は親である。...親自身の生きる姿勢と、子供に対する"思い"が、そのこの人生を大きく左右する。...少なくとも、そういう親の子供は、将棋で大成しないか、幸せになれないかのどちらかである。また、どんな道に進んでも同じことだろうと思う。」

「登山と同じで、麓や山腹からや山の全貌は見えないが、山頂からは下がすべて見える。その少年がA級八段、タイトルを争う棋士になるか、B級までいけるか、C級止まりか、あるいは四段になれるかといったことは、上から見るとだいたい見分けることができる」のだそうだ。

米長先生自身、佐瀬先生の弟子になる際両親には「八段を保障する」と言われたらしい。

一流は一流を知るというか。
「栴檀は双葉より芳し」とも言うが、その香りを嗅ぐことのできる一流というのはすばらしいと感じた。

一年の半分を商談のための海外出張で過ごしているという著者の本。サンマーク出版エースの高橋さんが手がけたということもあって、出版前から非常に注目していた。

本日、丸善オアゾにて購入。

全体に読みやすく、あっという間に読めてしまったが、非常に面白かった。

タイトルを見ると外人との交渉のための本のようだが、そうではなく、手法は世界中での著者の経験から取り込んでいるが、内容的には、ビジネスに限らない様々なシーンでの交渉についての話。

・交渉の目的とゴールははっきり決め、紙に書いておく
・準備に十分な時間をかける
・小出しの要求で合意に近づける
・あえて相手が断りそうな条件を出して交渉を有利に運ぶ

などなど、Tipsが多く、学ぶところが多かった。

特に、「自分の中で整理されていない交渉が成功することなど、万に一つもない」、「交渉においては、ゆらゆら揺れ動く自分の気持ちがいちばんの障害になる」、「即答しないことのメリットのひとつは、相手をじらさせられることだ」「相手が迷い始めたら、決断できる『呼び水』を出す」というところは、強く印象に残った。

あと、「日本の場合、会議の開始時間に1分遅れても目くじらを立てる人が多いが、終わりがダラダラと長引いても、なんら気にとめないケースもおおい」というのがツボだった(笑

なんか、忙しくなってきた。

今日は、昼から夕方まであっという間だった。

以下は、電車の中などで読んだ本。

---

夢をかなえる時間術
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763197266/konesweb0f-22/

伊藤真。「夢をかなえる勉強法」とほぼ同じ。いろいろなことがかるくあっさり読めて、そこそこの気づきがあった。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763196766/konesweb0f-22/

Amazonマーケットプレイスで228円からで売っている。送料込み600円以下でこの内容が手に入れば良い方だろうと思う。

---

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344980395/konesweb0f-22/

再読。新書で、さくさく読める。
レバレッジシリーズでは「レバレッジ読書術」「レバレッジ人脈術」を読んだことがあるが、それらとはぜんぜん品質が違う。いちばん気に入っている。

内容は、ざっくりとした時間確保の話とか、いろいろ。

/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

以上は家から持って行ったのだが、飯田橋で読み切ってしまったので、追加で以下の三冊を買った。

上司はなぜ部下が辞めるまで気づかないのか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491776/konesweb0f-22/

松本順一さんの著書。読もう読もうと思っていて、ようやく縁が巡ってきた。

部下との関係構築について、分かりやすく書かれている。これもかなりお勧め。

---

人の心は9割読める
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860632745/konesweb0f-22/

人の動作とかメールとか服装とか、いろいろな要素を観察してその人がどういう人で今何を考えているのかとかあれこれ考えてみる。

それなりにすっきり落ちるものが多くおもしろかった。

個人的には、顔の部分の特徴から性格を当てる件がかなりツボ。輪郭とか耳の形とかからくる傾向の話、かなり当たっている気がする。

---

大事なことは3秒で決める! 資金ゼロから3億つくる"反常識"発想法
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757214502/konesweb0f-22/

財テクの本だった。
AllAboutのガイドの人の記事を本にまとめたものらしい。

考え方についてはいろいろと参考になった部分も多かった。

/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

で、飯田橋で買った3冊も読み終えてしまったので、さらに吉祥寺で書店へ。

3つの真実 人生を変える"愛と幸せと豊かさの秘密"
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4828414312/konesweb0f-22/

上記の本。そのうち読もうかと思っていたが、書店で見かけたので、五木寛之「人間の関係」といっしょに購入。

内容的には、飯田史彦「生きがい」シリーズにちょっと「引き寄せ」的要素を入れたアイデアをビジネス小説風に仕上げた感じのもの。

そういう味付けできたか、という感じ。主人公の悩みが一晩で解決し、しかも寝オチとはと、ある種思い切った展開にもびっくりさせられた。

「鏡の法則」はPDF版しか読んだことはないのだが、個人的には「3つの真実」のほうが読みやすくて好きだ。

/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

それにしても、本当に読書って安上がりだな。
ビジネス書20冊読んで30,000円しかかからないわけだし、しかも、ちょっと前の本だったら、Amazonとかで買い集めてだいたい2/3位の予算で購入できる。

勉強でも仕事でもなんでも、年々やりやすくなっていて、まったくもってありがたいことだ。

吉野真由美さん「営業ほめ言葉の達人」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584130779/konesweb0f-22/

吉野さんの本にしては、字数が多くびっくりした。

吉野さんご自身から、この本は会心作だというお話を聞いていたのだが、まさしくそんな感じ。

役立ちコンテンツ満載の本で、大変楽しく読めた。

人のほめ方っていろいろあるのだなぁ、とびっくりしました。

特に、

・大きく構えてらっしゃいますね
・度胸ありますね

などなど、失敗している人、目立たない人へのほめ方など、参考になった。

それから、

・ご存じのとおり
・検討しますと言われたらそこから重要な情報を提供するのが仕事、
・良いプレゼンは、社会状況から入り~ネガ封じ

などなど、以前の本で読んだことも含めいろいろ役に立つアイデアを総ざらいできた。

この充実した内容で1100円はお買い得と思う。

そのほか、本日読了した本:

達人のサイエンス―真の自己成長のために
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4531080785/

斎藤一人の絶対成功する千回の法則
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062118815/

ある広告人の告白[新版]
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903212033/

アイデアのつくり方
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484881047/

アンソニーロビンスの『人生を変えた贈り物 あなたを「決断の人」にする11のレッスン』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4880861847/konesweb0f-22/ref=nosim

アンソニーロビンスの本。ページ数も少なく、さくさくと読めた。

内容的には、「一瞬で自分を変える法」や「一瞬で自分の夢をかなえる法」で読んだことの読み直しだったが、内容が簡潔になっているだけ、かえってエッセンスがすっきりと理解できた。

冒頭に、『「とりたてて目新しいことはないと思う」しかし、読んでくれた人にはある特別な効用がある。それは、すでに知っている内容でも、読みやすく使いやすいスタイルのこの本を読み直すことで、新しい見方が得られるということだ。また、わたしの本はこれが初めてだという人には、楽しい入門書となることを期待している。』
とあった。
アンソニー自体にとりたてて興味のない人にとってはあるいは軽くてインパクトのないどこにでもある成功本という印象かもしれない。僕にとっては、これまで読んだ本を高速で読み直したような感覚で非常に楽しめた。

ビリー・ジョエルのドサ周りしていたころの話がベースになった、「神の遅れは神の拒絶ではない」という言葉は特に印象に残った。

若いころの自分の体験から、アンソニーが「かつてのわたしは、ゴミの山から抜け出すために方向転換を繰り返し、何度も何度も目標設定をしなおす必要があった。肉体をシェイプアップすることや自信をつけることも含め、そうした目標のすべてに向かって頑張るなかで、わたしはとてつもなく重要なことに気がついた。それは、成功するかどうかはわたしがベストを尽くすかどうかにかかっている、それも、たまに頑張るのではなく、つねにベストを尽くすかどうかにかかっている、ということだ。」と書いている。
つねにベストをというのは簡単ではないが、25日の金曜日に受講した福島正伸先生の講演会で得られた気づきがあるので、なんとかできそうな気がしている。

福島先生講演会の感想については、また追ってアップするつもりだ。

それから、「人生を変えた贈り物」には、本に、問題解決のためのパワークエスチョンが書かれたしおりがついている。
持ち運びでいるようになっていて、相当使えそうだ。

 

jinsei_okurimono.jpgパワークエスチョンの応用例は、『一瞬で「自分の夢」を実現する法』にも出ているので、まだ読まれていない方は、「人生を変えた贈り物」の次に読んでみると良いかもしれない。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/483795684X/konesweb0f-22/ref=nosim

僕自身は、とりあえず、PCであるソフトを起動するときには自動的にこれのメッセージが表示されるようにしてみた。
しばらく活用してみたい。

アンソニーロビンスの『人生を変えた贈り物 あなたを「決断の人」にする11のレッスン』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4880861847/konesweb0f-22/ref=nosim

「成功曲線」を描こう。夢をかなえる仕事のヒント - 石原明
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479791892/konesweb0f-22/

石原明氏の、生き方の本というか、仕事に対する心構えの本。

冒頭に性格は考え方の習慣であり、習慣は意識の深さと反復である。故に、意識と反復の部分を修正していけば、時間はかかるが性格は変えられるという話があり、非常に分かりやすかった。

人間の右脳・左脳をそれぞれエンジンとハンドルに喩えた表現も分かりやすかった。
そのほか、成功して得られるもののイメージを強く持つこと、時間管理についての考え方、スケジュールの立て方など、大いに参考になった。

この本には直接そういう書かれ方はされていなかったが、読んでいて、前の週の木曜・金曜の段階で、次の週のスケジュールを立てておき、その後に入る予定はそういう予定を入れるための時間がなかったらその次の週に組み込むようにするという姿勢が大事だと感じた。

目標は高く、人助けになるようなものを持つようにしたほうが成功しやすいという記述があった。
それは、僕も実感できる。
毎度毎度トランスパーソナルな話になってしまうが(というか、潜在意識の話になると、どうしても必然的にそういう流れになる)、人助けになることをしたいというメッセージを潜在意識の層で発していると、それに共感していろいろなチャンスがやってくるのかもしれない。

 

successcurve.jpg

「成功曲線」を描こう。夢をかなえる仕事のヒント - 石原明
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479791892/konesweb0f-22/

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち読書カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは行動・心理・NLPです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。