3つの真実、上司はなぜ部下が辞めるまで、夢をかなえる時間術他計6冊。

| | コメント(0)

なんか、忙しくなってきた。

今日は、昼から夕方まであっという間だった。

以下は、電車の中などで読んだ本。

---

夢をかなえる時間術
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763197266/konesweb0f-22/

伊藤真。「夢をかなえる勉強法」とほぼ同じ。いろいろなことがかるくあっさり読めて、そこそこの気づきがあった。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763196766/konesweb0f-22/

Amazonマーケットプレイスで228円からで売っている。送料込み600円以下でこの内容が手に入れば良い方だろうと思う。

---

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344980395/konesweb0f-22/

再読。新書で、さくさく読める。
レバレッジシリーズでは「レバレッジ読書術」「レバレッジ人脈術」を読んだことがあるが、それらとはぜんぜん品質が違う。いちばん気に入っている。

内容は、ざっくりとした時間確保の話とか、いろいろ。

/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

以上は家から持って行ったのだが、飯田橋で読み切ってしまったので、追加で以下の三冊を買った。

上司はなぜ部下が辞めるまで気づかないのか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491776/konesweb0f-22/

松本順一さんの著書。読もう読もうと思っていて、ようやく縁が巡ってきた。

部下との関係構築について、分かりやすく書かれている。これもかなりお勧め。

---

人の心は9割読める
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860632745/konesweb0f-22/

人の動作とかメールとか服装とか、いろいろな要素を観察してその人がどういう人で今何を考えているのかとかあれこれ考えてみる。

それなりにすっきり落ちるものが多くおもしろかった。

個人的には、顔の部分の特徴から性格を当てる件がかなりツボ。輪郭とか耳の形とかからくる傾向の話、かなり当たっている気がする。

---

大事なことは3秒で決める! 資金ゼロから3億つくる"反常識"発想法
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757214502/konesweb0f-22/

財テクの本だった。
AllAboutのガイドの人の記事を本にまとめたものらしい。

考え方についてはいろいろと参考になった部分も多かった。

/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

で、飯田橋で買った3冊も読み終えてしまったので、さらに吉祥寺で書店へ。

3つの真実 人生を変える"愛と幸せと豊かさの秘密"
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4828414312/konesweb0f-22/

上記の本。そのうち読もうかと思っていたが、書店で見かけたので、五木寛之「人間の関係」といっしょに購入。

内容的には、飯田史彦「生きがい」シリーズにちょっと「引き寄せ」的要素を入れたアイデアをビジネス小説風に仕上げた感じのもの。

そういう味付けできたか、という感じ。主人公の悩みが一晩で解決し、しかも寝オチとはと、ある種思い切った展開にもびっくりさせられた。

「鏡の法則」はPDF版しか読んだことはないのだが、個人的には「3つの真実」のほうが読みやすくて好きだ。

/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

それにしても、本当に読書って安上がりだな。
ビジネス書20冊読んで30,000円しかかからないわけだし、しかも、ちょっと前の本だったら、Amazonとかで買い集めてだいたい2/3位の予算で購入できる。

勉強でも仕事でもなんでも、年々やりやすくなっていて、まったくもってありがたいことだ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、koneが2008年6月 3日 22:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「吉野真由美さん「営業ほめ言葉の達人」」です。

次のブログ記事は「3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術 - マーク富岡さん著」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。